日本ミャンマー・カルチャーセンター
   
*********************************
サイクロン被災者支援活動について
*********************************
●第1回・・・2008年5月
●第2回・・・2008年8月
●第3回・・・2008年12月
●第4回・・・2009年8月
●第5回・・・2009年12月
田園地帯への橋(修復前)
壊れたままの家屋
海外のイスラム団体から援助された家屋の骨組み
《  第3回支援活動  》
2008年12月27日〜2009年1月4日
@援助活動実施地域・・・イラワジデルタ地帯
  ◆エーヤワディー管区デーダイェー(モービー村)
A援助内容
  村と田園地帯を結ぶ橋の修復
 (2009年7月頃に完成予定)
B執行額
  3,101,900チャット
C現地調査
  海外のイスラム団体がデーダイェー近郊の村々に対して家屋の骨組み部分を援助。モービー村においては、援助された骨組みだけの状態で家屋が完成していない世帯がまだ多く、居住環境整備の必要性がある。
【現地の様子】
←ここをクリック
会計
 @寄付金  3,025,000チャット  (242,000円)
 A援助執行額 3,101,900チャット (248,152円)
 @-A ▲76,900チャット (▲6,152円)
 ※不足分76,900チャットはJMCCが負担
援助執行額
摘要 金額(ks) 備考
 セメント、釘、輸送など 1,021,475  橋修復材料費
 木材、燃料、セメント、レンガなど 580,575  橋修復材料費
 人件費、輸送、石材、金具など 958,850  橋修復材料費
 人件費 452,000  橋修復
 タクシー代 45,000  
 謝礼 7,000  
 食事代 12,000  
 船代 25,000  
合計  3,101,900 (248,152円)

完成した田園地帯への橋
村の被災者を歌で励ますロック歌手ノーノー(右)
このような骨組みだけの家が、モービー村に30軒以上、チョウンチン村に80軒ほど、デーダイェー市内に40件近くあり、今回は、モービー村に13軒、デーダイェー市内に7軒の民家を建設した。
《  第4回支援活動  》
2009年8月5日〜2009年8月16日
@援助活動実施地域・・・イラワジデルタ地帯
  ◆エーヤワディー管区デーダイェー
   (デーダイェー市内・モービー村)
A援助内容・・・民家の建設
 (モービー村に13軒、デーダイェー市内に7軒)
B執行額
  1,835,000チャット
C橋の完成記念式
  ビルマの人気ロック歌手ノーノーが支援活動に同行して、橋の完成を祝うと共に被災者を歌で励まし、村人たちを大いに元気付けた。
Dヤンゴンでのチャリティライブ
 現地の状況を伝え、支援継続のためのチャリティライブをヤンゴンで行った。伝統音楽では竪琴の名人ウ・ミンチーなどが、ロックでは人気ロック歌手ノーノーたちのバンド「BLAZE」が参加した。

会計
 @寄付金  1,843,045チャット  (152,993円)
 A援助執行額 1,835,000チャット (152,325円)
 @-A 8,045チャット (668円)
 ※8,045チャットは次回の支援に繰越

援助執行額
摘要 金額(ks) 備考
 家 54,500 モービー村
 家 61,800 モービー村
 家 63,300 モービー村
 家 90,300 モービー村
 家 90,000 モービー村
 家 50,800 モービー村
 家 90,500 モービー村
 家 56,000 モービー村
 家 57,800 モービー村
 家 56,000 モービー村
 家 67,300 モービー村
 家 70,250 モービー村
 家 98,100 モービー村
 家 67,600 デーダイェ市内
 家 67,600 デーダイェ市内
 家 51,500 デーダイェ市内
 家 80,850 デーダイェ市内
 家 64,850 デーダイェ市内
 家 50,162 デーダイェ市内
 家 69,538 デーダイェ市内
人件費 140,000 大工の工賃
運送費 90,000
11,250 15軒分
交通費 180,000
食事代 15,000  
船代 40,000  
合計 1,835,000 (152,325円)













モービー村での演奏
ヤンゴンでのチャリティライブの様子
戻る 次へ